武田商事株式会社|神奈川県綾瀬市にて重量物搬出、アスベスト処理、文書廃棄、金属スクラップ・リサイクルを行う産廃業者です。武田商事|お問い合せ tel:0467-76-5217

トップページ 会社案内 事業案内 業務の流れ FAQ コンプライアンス 用語集
武田商事 » スタッフブログ

お客様の処理場確認

2014年8月2日

7月29日と31日に排出事業者さまの処理業者への現地確認に同行させて頂きました。

29日は当社作業員(入社2年目)も同行させて頂きました。お客様の「気にされている事は何か」「実際に廃棄物がどの様に処理されるか」「なぜ中間処理が必要なのか」また処理業者の視点など、廃棄物処理の理解を深め貴重な時間となったはずです。同行を許可頂いたお客様に感謝申し上げます。

   

営業G武田 

武田商事 » スタッフブログ

社長コラム

2014年7月26日

人間の寿命

 

 リム童話に『寿命』という寓話があります。昔々神様はロバと犬とサルと人間に30年の寿命を与えようとしました。ロバは、重い荷物を運び続けるには長すぎる時間だと18年を神様に返上しました。犬は、そんなにいつまでも元気に走り回れないし、吠えることもできなくなり、歯も抜けてしまうと12年を神様に返上しました。サルは、人を笑わすためにいたずらをしたり、馬鹿なことをするには長すぎると10年を神様に返上したのです。

 ころが人間は、自分の家を建て、田畑に実りをもたらし、かまどの火が燃え盛って、これからの暮らしを楽しもうという時に、なぜ死ななければならないのかと嘆き、神様にロバの18年と犬の12年、サルの10年をもらえないかと頼んで、70年の寿命をもらいました。だから人間は、はじめの30年は人間としての寿命を生き、仕事にも精を出し、子供も作るようになりました。ところがその後は、へこたれながら重い荷を背負うロバの18年、足腰が弱くなり、歯も抜けた犬の12年、そして最後に間の抜けたサルの10年を過ごすことになりました。

 の動物たちが辞退した命の分だけ寿命をもらい、現代ではさらに鳥、豚、牛、魚等の命を頂いて、私たちは生きております。今や日本人の寿命は85歳を超えます。後半の人生を動物の年として生きるのではなく、人間としての生涯を生きるために、感謝を持って、食生活を大事にしたいと思います。

武田商事 » スタッフブログ

奥の細道~2014~

2014年6月24日

先日、社長が東北旅行(奥入瀬・中尊寺ほか)に行ってきました。

「ブログに載せろ。」との命令ですので、皆さんに見ていただければ・・・。 

(1)  (6)

(3)  (4)

(5)  (2)

 でも、写真どうですか?絵葉書!?と、思うばかりの出来ではないでしょうか?正直かなり驚きました。

「カメラの性能が良いんですよ~」(T山、談)

・・・鋭いツッコミありがとうございます。 

(3)  (4)

中尊寺はシロウトの写真に戻ってましたので、安心しました(笑)。でも景色は最高!

日本の失われた原風景が東北には残っています。

営業G 武田

武田商事 » スタッフブログ

安全と無駄の【認識】

2014年5月4日

4月19日(土)に全社で年2回行っている「安全教育」と共に「無駄の発見」をテーマにミーティングを行いました。

  

時間がたつと忘れてしまいがちな作業・運転での危険の【再認識】と、参加者全員が意見を出し、気づかなかったムダの【新たな認識】を共有することが出来ました。

「安全第一」を最優先に、小さなムダから減らして行きたいと思います。

営業G T山

武田商事 » スタッフブログ

WinWinの関係を目指して

2014年3月22日

先日ある排出事業者の環境担当者さまと契約処理場の視察に向かっている車内で。

 

担 「最近、木くずの排出少ないでしょ?」

私 「そう言えばそうですね~」

担 「代替がプラスチックと鉄になって、さらにリユースになったんだよね」「ごめんね~(排出量減っちゃって)」

私 「環境に優しいので、喜ばしい事ですよ!」

担 「でもやっぱり困るでしょ?」

 

排出量の削減は、排出事業者さまにとって環境負荷軽減・コスト削減で喜ばしい事です。しかし産廃業界にとっては、手放しでは喜べない複雑な問題です。日頃、環境の為・・とか言ってても結局、処理量は減らしたくない。。。

しかし企業を継続させる為には「そのニーズが無くなった(さらに環境に優しい)=新たなニーズを模索しないといけない」だと思います。お客様の処理コストが削減され、その分利益に回れば、回り巡って武田商事に帰ってくると信じています。これからも常にお客様のニーズにあった企業を目指して。

営業G 武田

武田商事 » スタッフブログ

2月15日

2014年2月15日

  

本日、日立製作所さまに引取りの予定でした。徒歩で1時間30分かけて、なんとか出社。

が、チェーンを巻いてもトラックが走りません(涙)。

なんとか走るには走れますが、立ち往生のクルマが道を塞いでいるなどして辿り着ける気がしません。

日立さま、申し訳ありません。。


  

川崎にて23時引取りの夜勤組も、今朝7時50分に帰社。

無事故で良く帰って来れたと思います。

 

 

本日、仕事になりません。

営業G 武田

 

武田商事 » スタッフブログ

水泳部に体験入部

2013年12月23日

武田商事にはいくつかの部活があります。

卓球部、陸上部、ビリーズブートキャンプ部(1人)、そして水泳部です。

T山    「体なまってるから水泳部入ろうかな~・・・」

武田   「やりゃいいじゃん(悩む事ないでしょ)」

T山    「でも水着ないし・・・」

武田    「買えばいいじゃん」

T山    「う~ん・・・」

武田    「・・・」

 

・・・10年来の付き合いですが、こういう時のT山氏は絶対に踏ん切りません!!

(勝手にT山氏の水着をアマゾンにて購入・・・ポチ)

後日、水着が届いたので、T山氏に押し売り。

 

そして一昨日、営業G2人で水泳部に体験入部してきました。

仕事を18時に終え、市民プールへ。私自身しっかり泳ぐのは20年ぶり。「泳ぎを思い出すとはこの事か」と思いながら楽しく水泳、、、20時30分終了。

帰り際、ハプニング発生。T山氏、入退出カード紛失ww。心配する振りしてパシャリ。

営業G 武田

 

武田商事 » スタッフブログ

優良事業者セミナーに参加しました

2013年12月3日

現在、優良産廃処理業者の認定に向けて取り組んでおります。その一環で「廃棄物処理業界の未来予想図から考える、優良産廃処理業者認定制度の活用方法」のセミナーに参加致しました。

産廃業界の健全化に向けて行政・排出事業者・処理業者が一体にならなければいけないと再認識いたしました。悪質な業者を利用しない事が、自然淘汰に繋がり業界の健全化に繋がります。もちろん、処理業者も襟を正さなければなりません。

いま話題の食品偽装の問題も、業界は違えど「人のふり見て我ふり直せ」です。例え優良事業者に認定されようがされまいが、誰かに見られていようがいまいが、やるべき事は変わらないはずです。昭和シェル石油さまの標語に私の大好きな言葉があります。

「お客様の期待以上へ・・・」

営業G 武田

武田商事 » スタッフブログ

年2回の合同研修

2013年11月16日

10月19日(土)「全社ミーティング」を行いました。

午前中は「KYT運転DVD講習」と6月15日実施した「安全運転学科講習」の答え合わせ(個人的には3位タイでした。不服です。)、午後は「ヒヤリハット」「関係法令教育」を行いました。

昨日、千葉の中間処理工場で大きな事故が起こってしまいました。現時点での詳細は不明との事ですが、おそらく多くのヒヤリハットがあって今回の事故に繋がってしまったのではないでしょうか。同じ産廃に携わる者として、安全第一で仕事をしなければならないと再認識させられました。事故で亡くなった方のご冥福をお祈りするとともに、負傷された方の1日も早い復帰を祈念いたします。

営業 武田

  

武田商事 » スタッフブログ

あやせエコっと21

2013年9月21日

綾瀬市環境政策課の「あやせエコっと21事業所」制度に登録しました。

環境配慮の取組みを行う市内事業所として、これからもがんばっていきます。